生産牧場 納田牧場のご紹介


店長の私が育ててます。納田牧場紹介

生産者のメッセージを生の声で聞こう

生産している私が自信を持ってお奨めします。

アグリガーデンは、徳島県の阿波市吉野町の納田牧場において、
店長の納田自らが丁寧に育てて精肉した
良質の阿波の金時豚を専門に販売しています。

当店の金時豚は、高品質で安心安全な豚肉であることはもちろん、
日々の食卓で召し上がっていただけるような、お手頃な価格を実現しました。

大切な方へのギフトに、毎日のお料理に、
アグリガーデンの阿波の金時豚をぜひご堪能下さい。

徳島ってどんなところ?

徳島県といえば”阿波おどり鳴門のうず潮なると金時鳴門わかめすだち吉野川(四国三郎)”徳島ラーメン”・・・等々。四国の中でも田舎な県 かもしれない。けど自然がいっぱいあって”きれいな水””きれいな空気”があふれている。

そんな水の綺麗なところで育った自然や家畜も十分みずみずしい。有名な”阿波おどり”に名づけられた【阿波尾鶏】も出荷数、シェアともに日本三大地鶏(名古屋コーチン、比内地鶏、薩摩地鶏)を抑えてトップを誇る。

そんな町が徳島県です。その中央部北に位置する吉野町に納田牧場があります。

生産者の生の声を聞こう!!

こんな飼育をしています。

豚舎農場「トライファーム上板」では私、納田が飼育し、豚にとってストレスのかからない様に、豚舎スペースを広くゆとりのある空間にしています。
そのゆとりある空間により豚にとって落着いた期間が多いほうが良質の肉質になります。
(密集しての飼育を避けています。)
また通常よりもはるかに長い(通常は180日程度での出荷)200日以上の飼育期間をとり、ゆっくり大切に育てています。飼育期間が長いということはそれにかかる経費も多くかかるのですが、それ以上に良質な甘味のある肉質を求めています。
飼育期間にあわせ一頭づつ選定しながらの出荷をしていいます。それは適切な時期を考えながら丁寧な安定した出荷と大きさや、重さも重要だと思っているからです。
子豚から一定の飼料を守り、抗生物質などは一切使用していません。抗生物質を使用すると発育を促す事が出来るのですが、しぜんな発育にこそ自然な甘味や肉質が宿ると考えています。
納田牧場独特の飼育法ならではの飼料は徳島鳴門で採れたなると金時と お米を混ぜた独特の配合と配給で施しています。それこそが私(納田)が育てた豚の美味しさの秘密なのです。この独特な飼育により育てられた豚を『阿波の金時豚』と称されています。